天理教の教え

天理教は、江戸時代末期の天保9年(1838年)、教祖・中山みきが、元の神・実の神である親神天理王命の啓示(おつげ)を受け、その教えを人々に伝えたのが始まりです。
親神・天理王命は「陽気ぐらし」の世界を望み、人間、世界のありとあらゆるものを創られました。
教祖・中山みきは、天理王命の教えを伝えるだけでなく、どんな中にも喜ぶことのできる生き方の手本を自ら示し、私たちが真の幸福へとつながる確かな道を教えました。
私たちは、こうした人間本来の生き方を伝え広めることによって、すべての人々が心を澄まし、たすけ合って暮らす「陽気ぐらし」世界の実現を目指しています。

詳しくは天理教ホームページをご覧ください。