芦津道の後継者の集い

 この「集い」は、親から子、子から孫へと信仰が途切れることなく続き、教会の芯となって活躍できる人を育てようとの思いから、次代を担う若者を対象に、教祖年祭の2年後、5年後、8年後に開催しています。

 仲間と共に楽しみながら、多くの気づきや学びを得られるものになっています。

道の後継者の集い.jpg
魚さばき.jpg
DIY.jpg
10年スパン.jpg

芦津 道の後継者の集いⅠ

​(立教181年 8月18・19日、27・28日、9月1・2日開催)

 集いⅠは、ご本部で開催された「後継者講習会」と同じ、20歳から40歳までの若者を対象に、「日々の陽気ぐらしの実践」の後押し、さらに芦津大教会創立130周年記念祭に向けて「日々プラスワン」の実行を促すことを目的に1泊2日で開催しました。

 内容は、6人1班に分かれてのグループミーティング、講話、ビデオ、懇親会など。受講者は、自分に矢印を向け、自分にできる「日々プラスワン」を見つけ出し、今後の目標としました。

芦津 道の後継者の集いⅡ

​(立教184年 11月27・28日開催)

 集いⅡは、前回の集いⅠより対象を拡げ、18歳から45歳までの若者を対象に、基本教理を学び、

教会などで役立つ知識・技術を習得することを目的に1泊2日で開催しました。当初は9月・10 月の開催分を含め、3次にわたって開催する予定でしたが、コロナ禍の状況を鑑みて、やむなく第 1 次、2次を中止し、11月末の3次のみの開催となりました。

 今回の集いⅡでは、新たな試みとして「選択講座」を採用。どの講座も複数の講座を用意し、受講生自らが興味のある項目を受講し、前向きな気持ちで、主体的に講座を受けてもらいました。

  また全体講話に、天理大学教授・臨床心理士で、本部直属淀分教会淀高知布教所長・金山元春先生から「心の向きを変えよう」と題してお話を頂き、お道の人としての考え方をベースに、臨床心理の観点も交えながら、人間関係における心の持ち方、心の向きの変え方についてお話しくださいました。

芦津 道の後継者の集いⅢ

​(立教187年 開催予定)

 集いⅢを、立教187年に開催します。対象は、18歳から48歳までの男女。

 教祖百四十年祭に向かう三年千日の2年目になるため、「教祖にお喜びいただく成人を目指して、自分には何ができるのか」を意識し、行動に移すことが主たるテー マとなります。日程、内容などの詳細が決まりましたら、各教会へご連絡させていただきます。